日々のスタイルの変化を、これからどうしようかと。

f:id:around22council:20191229200351j:image

年の瀬近く、寒さ深まりゆく折。

いろいろな昔ながらの風習が変わりゆく代にあって、社会的な変化なのか、自分の環境の変化なのか。はたまた、自ら選択し行動した結果なのか。年末の繁華街に座ってみたり、同期の方々との会合に出席してみたり。仕事が納まったり、始まったり。そんな習慣も何のその、ごく通常の日々を変わらず過ごし、予定に合わせて行動する。と。

近年特に、そうした過ごし方に寄ってきた感じの私ですが、これ、どこまでいっちゃうのだろうかと、考えたりしておりまして。

先日。

ある、後輩の結婚式披露宴にお邪魔させていただいたのですが、席に座っていたら、来賓のおひとりから「その格好はヤメロ」と。ご指摘いただきまして、ここ数年、ジャケットにネクタイのスタイルで、お邪魔する私の装いが、披露宴に相応しくないと、まぁそういう事なのだろうと受け止めた次第です。

はて。。。

このスタイルになってかれこれ20年近く。仕事を始めた当初は、スーツ姿という事もあったのですが、その後、30を前にして、お勤めという感覚からちょっと違う形で仕事を始めてからは、装いを変え、向き合い方を変え、お付き合いの方法を変え、自分の生活を変え。それが成果を上げている部分と、課題として指摘される部分と。

ひとつひとつを見返しながら、よりよい成果を上げることができるそういう取り組みにしていく必要があるのかなぁと。

自らが変わる?

集団や社会に流されながら、自らの考え方を変える必要はないのでしょうが、進むべき方向や、得られる成果に向けて、変わらなくてはならない部分を、自ら狭めないように。自分で自分を固定せず、限界を作らず、柔軟に。

まだまだ、これから変えられる自分は、沢山ある。というより、守るべきものが、どの辺にあるのか?というくらい、もっとチャレンジに、積極的になってもいいのかなぁと思ったり。

何れにせよ、ご指摘いただける事のありがたさを、またひとつ。(^▽^)r