田舎のパン屋さん。新たな挑戦。

f:id:around22council:20180822162315j:image

熊本県の北東部阿蘇エリアにあるパン屋さん。

初めてお会いしてから、かれこれ20年近く。20代の頃、たまたまお邪魔して、お昼にいただいた石窯のピザが美味しくて、それ以来、仕事の先輩方とちょこちょこお邪魔させていただくご縁になり、最終的には私自身の結婚パーティを開かせていただくというワガママを聞いていただきました。

当初は、町の中心からそう遠くないエリアで営業されていたのですが、パーティを開かせていただく頃は、林道から入った山中に、自作の建築物とともに独自のいい雰囲気のテーマパーク的なパン屋さんを開かれ、レストランや、ブタの飼育や、宿泊棟や何やかんや、気持ちのいい、ゆっくりとした時間の流れるパン屋さん、その中で、静かに本を読みながら、コーヒーを頂いたり、ハンモックに揺られたり、そういう時間を過ごせるお店として活動されて来られた方々です。

その経営者ご夫妻から、非常に珍しく、ご連絡いただき、「ちょっと相談したい」というお話。。。。私が、ご相談いただいて、何かお役に立てるかどうか分からず、「私でよければ」とお約束してお話を伺ったのですが。「ちょっとやってみたい事がある。。。」というお話。しかもこれが、本当に楽しそうな内容で。まずは、頂いたお話から、現状を整理するところまで、個人的に資料をつくって、お返事してみました。でも、本当に楽しそうなのはここからという感じ、広がりのある話だなぁと思ってまして。。。

「どんな話か見えない」ですよね。
要は、これまでの取り組みの延長上で、新たなチャレンジをしたい。。若者のためにやってみたい。というお話、その上で、マネジメント的にどうなのか?というご相談だったのですが。(o^_^)ニコ