恩師に年末のご挨拶に。

f:id:iyoshihisa:20180104143934j:plain

今年の12月は、いつもより寒く感じてる毎日ですが、ちょっとその寒さも緩む中、年末が差し迫る前に、恩師のところへご挨拶に伺ってまいりました。

恩師とは、夏の叙勲パーティ以来という事で、お久しぶりに伺ったところです。あれ以来多少体調も崩されたり持ち直されたりと、病院も行き来されていたようで、地元の病院に落ち着かれているとのことで、時間を取ってお邪魔した次第です。

風邪も流行る中で、いろいろと気を使うことも多い中のお見舞いなのですが、行ってみて多少驚きました。恩師が、随分弱っておいでのようで80歳をお迎えだと記憶しておりますが、半年前のお姿からまたずっとお痩せになって。会話も、多少やり取りの出来ない部分も出てきたりしたり。それでも、長い時間、いろいろと現状のご報告など話しさせていただき、笑顔でやり取りさせていただく時間となりました。

後輩と二人でお邪魔したのですが。病室から出てきて何となく「弱られたなぁ」と。

学生時代に、破天荒でパワフルでとても愉快な生き方に大きな影響を受け、今の仕事のあり方や生活の在り方、様々な行動規範など、今だにその影響の濃い恩師であるだけに、何となくショックで。

当然あれから20年以上経過しているわけですから、その分、自分も年を取っていることへの振り返りにもなり。

40半ばになった自分が、先生のように80になるまでに、どのような時間を過ごすのか。何を具体的にやるのか。行動に移すのか。そうしたところを改めて。身の引き締まる思いです。m(_ _)m