課題だった距離、数年ぶりのイーグル

f:id:iyoshihisa:20171017095936j:plain

ここ最近課題だった200ヤード前後から上の距離。どの状況でどの番手を使うのかで、いろいろ迷いながら、アイアンなのか、ユーティリティなのか、フェアウエイウッドなのか。4Iからドライバーまでの間をどう埋めるのかというところで、3I、4U、3U、2U、4W、3W辺りの組合せをコロコロ変えながらという感じだったのですが、実際のラウンドのことを考えると、この距離。実際にはあまり残らない距離というか何というか。

200ヤード前後のPAR3のホールで使うか、長くないPAR5の2オン狙いか。長いPAR4のセカンドで使うか。。何れにしても、レギュラーティから周らせていただいて、1ラウンド中に2,3回巡ってくるかどうか。尚且つ、そんなに飛ぶ方でもないので、そろそろPAR5の2オンは諦めようかなぁと思い始めている中、1Wで、多少距離を落としながら打てるのであれば、もはやフェアウエイウッドはいらないのではないかと言うところ辺りに落ち着きまして。

最近セットを1Wの下はユーティリティからアイアンへということで、2U(18度)以降を入れ、4Iと4Uを被せて入れるというちょっと無駄目な組み合わせにしてみました。

この距離をはっきり諦めてしまうと、ラウンドの組み立てもはっきりするので、いらなぬプレッシャーから開放され、かえって勿体無いミスが減るんじゃないかと目論んだわけです。まぁつまんないと言えば、そうなりますね。でも。。。まぁなんというか、アマチュアで競技に出るようなこともしないゴルファーの私は、そこが一貫してやれないので、いつまでたってもスコアをまとめきれないのだろうなぁと思いつつ。

本日のラウンド。あるPAR5のティショットがgoodショットでほぼフラットと感じれるフェアウエイをキープして、残り距離220ヤード。上り下りなしで、フォロー気味の風、ピンもグリーン右側の花道から転がった先の手前10ヤード以内の位置、ハザードはグリーン左に池、手前はグラスバンカー的な窪みがある程度とリスクも低い状況で、ただ入れているクラブで一番飛ばせそうなのが18度の2U。。まぁ行かない距離じゃないけど、くらいの感覚なので、100ヤードを2回打つよりプレッシャーはかかるショット。諦めたはずの2オンでしたが、まぁ狙えそうだと言うことで、チャレンジした結果。稀に見るgoodショットで、落ちどころも良かったんでしょう、花道から転がって2オン、ピン手前4mほどの若干上り、微妙にフックラインのイーグルチャンスに付け、キレイにカップイン。一緒にランドしていた方々と久しぶりに興奮しました。o(^▽^)o

イーグルなんていつぶりかなぁって考えて思い出すのは2つくらい。でもどっちももう10年位前じゃないかなぁってくらいで。本当に久しぶり。

これから少しずつシーズン後半を迎え、気温も下がっていくと思うので、ますます飛ばなくなって2オンなんてチャンスは減るだろうという中、こんなことがあると、欲かいて狙えるのか。。。なんてまた考えたり。さて、この200ヤード前後からもうちょっと上までの距離。そんなところを考えたりするのも楽しかったり。今シーズンは好調キープ中です。( *´艸`)フフフ